読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せと自由ってなんだ

まだまだ知らないことばかり 生きている意味も 本当にやりたい事も お金がないと心まで貧しくなる時間もなくなる つまらないことの積み重ね 毎日楽しくてたまらないような天職ってあるのだろうか?

幾らぐらいお金を貯めれば定年後自由気ままにいられるのだろうか?

年金もなんとなく信じられなくなってきた近況

老後の資金のことや子供のこと心配なことはあるし 

一戸建てに住みたいという夢もあるけどこのままで大丈夫だろうか?

f:id:k99hajdr:20170419185313j:plain

30半ばころまでにほとんどの人は考えるんじゃないかな?


20代の頃は目の前の事中心であっという間に過ぎ去ってしまう感じ
30歳過ぎるとこのままでいいのか迷いや不安が

 


50歳までには1億位持って気ままに生きたいと思っているのは私だけかな

最も今は東南アジアにでも行かなければ1億くらいでは悠々自適とはいかないけどね


それでも80まで生きるとして30年 
1億あれば年間 330万使っていい計算になる

年収200万以下で生活している人がいる現実を考えたら
気ままに質素な生活は出来そうな気がする

 

f:id:k99hajdr:20170419185352j:plain

 

そんな大金貯められるわけないと思っている人は貯めようとも思わないだろうし
宝くじにでもあたらなければ絶対に貯めることなどできないでしょう

母の友人と養子縁組、遺産15億円を相続した事でわだいになった
カスタネット芸人”前田けゑのような良縁に恵まれればいうことは無いですが

そんなに上手い話が舞い込んでくることはないよね

 


昭和のバブル時のように預金金利が8%以上あった時なら

1000万10年預けていれば倍に
30年預けていれば10倍になったようです


お金が稼いでくれる金利 

 

現在はマイナス金利時代に突入 金利には税金までかかる

株やFX(外国為替取引)のように稼げるけど一気に失う可能性が高い 
元本割れのリスクがあったりするので注意が必要です


毎月稼ぎ出す給料だけでは無理か?

 

1億円を単純に30年で割っても年額330万必要
50歳までとなると大卒後28年しか無いからかなり厳しい感じですよね

 

定年までにしても38年  年間263万
これはかなり厳しい

 

仮に退職金が3000万くらい見込めれば年間180万位で届きそうだけど
金利がほとんど見込めない現在 月15万位預金していかないと貯まらない計算に

退職金多い職業や年収1000万超えの高い給料が稼げる人しか現実制はなさそう

 

 

毎月の収入で1億貯めれる職業は
夫婦で教員とかふたりとも公務員の場合や

一流企業の重役 年収 1500万~2000万クラスの人

自営業とかだと1億円貯蓄もいいけそうですよね

 

f:id:k99hajdr:20170419185700j:plain

 

本を出版したり歌や絵の才能があれば著作権や特許などで稼げますが

普通の会社勤めではかなり難しいといえます

 


しかし貯めた人は逆に30年間何もしないで食いつぶしていっても

年330万の生活が保障される

 

何とかしたいが今となっては

 

50までに1億貯める方法は高収入の職業につくか


リスクを覚悟の上お金に働いてもらう(投資・運用)しかなさそうですね

 

 

天職を見つけるために必要なこと

会社に行くのがしんどい休み明け

仕事がつまらなく感じ行きたくなくなるゴールデンウイーク明け

 

f:id:k99hajdr:20170415140044j:plain

長期連休や休み明けってなんとなく憂鬱に感じちゃう人ってかなり多いでしょ

特にゴールデンウイーク開けなどは新年度になって部署が変わったり

 


花見や歓送迎会など飲み会もかさなるから4月は一気に終わっちゃうけど

5月にもなれば気温も上がり季節の変わり目で紫外線も強い時期だし

体調もだるさを感じやすい

 

 

昼食後はお昼寝をしないと眠くて仕事にならないなんて経験ないですか?

私なんか昼寝タイム欠かせないときもありましたよ ((笑)

 

 

こんな時によく思うのが自分にとって天職はなにかな?
もっと楽しく自分に合った仕事があるんじゃない?」って心の声が

f:id:k99hajdr:20170415140039j:plain


そんな気持ちの貴方に少し読んでもらいたいと思います

 

 

天職とはどんな仕事

 

天職をネットで検索すると

てんしょく【天職】

〔天から与えられた職務の意〕
①その人の性質・能力にふさわしい職業。 「教師を-と考える」
②神聖な職業。特に、天子が国家を統治する職務。
③江戸時代の遊女の階級の一。天神てんじん。

:出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報:


他にも
他人から何を言われても自分がやりたい仕事
何時間でも没頭できる仕事などいろいろ出てきますが

 

自分の天職は何だろうと

ネットで調べても考えていても見つけることは出来ないと思います。


仕事の職種や内容は半端なく多く全部体験することなど不可能だし

調べるだけでも何日もかかっちゃいますよ。

 

その中から天職といえる職業にたどり着けるのは宝くじに当たるようなもの

 


でも天職とよく似たニュアンスの適職なら十分可能だと思います。

 

 

ハローワークやネット上で適職診断など行われていまうが
要は貴方が仕事について十分に活躍できる仕事か適性を判断する訳で


好きとか嫌いではないんです

 


例えば

計算が得意なAさんは経理や会計事務所の仕事なら

ミスも少なく誰よりも早くこなせるでしょう。

 


社員として雇用している企業にすれば仕事は早いしミスもなく

有能な社員と位置づけされ高く評価されるはず


Aさんには適職なのかもしれないですが、

やりたい仕事でなければ天職とは言えませんよね

 


企業側も適職といえる人が欲しい

貴方が会社で十分貢献できるスキルや知識・能力がなければ適職とは言えない

 

そのためには色んな能力も身につけておかなければさみしいもんですよ

 

 

小さな枠の中 AかBどちらかなんて

二つの職業どちらかを選択しなければならなくなるのは自然の流れだと思うのです

 

好きとか嫌いとかにかかわらず仕事をこなせるかになるわけですよね

 

 

大工の経験があれば建築関係の仕事には適しているように

色んな資格を修得しておけば楽しい仕事に巡り合えるのではないでしょうか?f:id:k99hajdr:20170415140032j:plain

研修風景

 

例えば 以下のような資格を全部持っていたら
医師
弁護士
司法書士
公認会計士
土地家屋調査士
一級建築士
不動産鑑定士
社会保険労務士
薬剤師
獣医師
介護福祉士
保健師
調理師
こんなにもっている人はいないでしょうが、

これだけの資格を持っていればどうでしょか?

 

 

選び放題じゃないですか?  

 

つまり適職を見つけたいなら自分の能力を向上させなければダメってことかな


でも適職かなと思えても天職だとはならないと思う

 

 

イチロ―選手や三浦知良選手などスポーツ選手はある意味あそこまで頑張れるのだから
天職と言っていいのかなと思っていますが

 

実際本人に聞いてみないとどう思ってるのかは、わかりません


でも私が思う天職


・毎日やっても飽きない
・ご飯なんか後回しでもやり続けられる
・夢中で時間を忘れてしまうほどのめりこめれる
・仕事した後幸福感や充実感で満たされる
・何時でも出来る


努力し続けたから見つけ出せるし到達できるような仕事だと思うのですが
貴方はどう考えますか?


天職に巡り合うまで頑張ってね

自分に合った職業を探してみたりすっきるを身につけるなら

ケイコとマナブ.netを見てみるといいですよ